男性

リアップの副作用について|真実を知っておこう

  1. ホーム
  2. 髪の毛を増やす育毛剤

髪の毛を増やす育毛剤

容器

利用することによる注意点

髪の毛を増やすことが実証されている育毛剤として有名なのがミノキシジルを含有したリアップです。リアップは、アメリカではロゲインの名称で販売されていますが、日本では大正製薬がリアップの名称で、1999年から販売されている第一類医薬品です。第一類医薬品はその効果が強いため薬局で購入できるものの薬剤師による問診を受ける必要があります。このため効果が期待できる反面で副作用のリスクも高いといったデメリットがあります。リアップの副作用としては、発疹やかゆみ、かぶれなどがあります。他にも、頭痛やめまい、胸痛なども挙げられます。さらには、血圧低下や心拍数の増加、心筋梗塞を引き起こす可能性もあるとされているのです。この理由としては、リアップに含まれる有効成分であるミノキシジルが経口降圧剤、つまり血管を拡張させる作用があるためです。このため皮膚が弱い場合や、急激な変化によって皮膚では違和感を感じることになり、また何らかの理由で身体の中で大きく左右すると降圧作用が働くためです。ただ身体に重篤な影響がでない範囲の副作用はリアップが上手く作用していることの証明とも言えるものですから、気にするほどのものではありません。ただ皮膚炎が起こると髪の毛が生えるどころではなくなるので、使用は中止する必要があります。一方で降圧作用による副作用は、血圧が高い人にとっては血圧を下げるといった効果も得ることができます。反対に言えば低血圧の人ほどミノキシジルの降圧の副作用が出た場合に影響が高いということに留意する必要があります。